資産運用で難しいといわれているものに売却のタイミングがあります。資産運用の経験が浅かったりしますと、まだ上がるかもしれないという意識がちらついてきたりします。嬉しい状況だったりもしますが、このようなときの売却の判断が難しかったりします。株式投資などの相場の格言的にも、「まだはもうナリ、もうはまだナリ」というものがあったりします。このような場面では、まだ上昇するかもしれませんが、うっかりすると満足な利益を取ることができなくなったりもします。

個人的にこのような含み益が出ている状態では、すぐに利益を確定させてしまいます。「一攫千金」という相場の格言もありますが、利益を確定することで確実に資金が増えることになります。利益を確定すると、とりあえず、その運用は完了しますので、次の作戦を落ち着いて考えていくことができるわけです。人によっては、いろいろあるかもしれませんが、資金の回転を早くしていくことで、利益もサクサク稼ぐことができますので、利益が出たらどんどん確定させていくことをおすすめします。

運用する場合には、運用方針などが中途半端になることが一番問題になります。考え方が中途半端になってしまいますと、売却の場面でも迷ってしまい、せっかくの売却の機会も逃してしまうことが多くなってしまいます。ちなみに含み損が出ているようなときには、ただ単に損切するのではなく、次の運用を考えながら損切していくと、だいぶ意味合い的に変わってきます。次のことを考えるようにすると、気持ち的にも前向きになりますので、できるだけ次のことを考える癖をつけておくといいかもしれません。