私は資産を定期貯金と投資信託に分けています。

メインの資産は定期貯金なのですが、今の低金利の状況では、貯金をしてもほんのわずかしか利子が付かないので、資産の一部を上手に運用しながら、少しずつ老後に備えて資産を増やしていっています。

ユーロ危機や東日本大震災後に、日本だけでなく世界的にも株価が下落して、しばらくの間低迷期が続いていましたが、海外のリートなどが少しずつ回復の兆しを見せています。

だからじっとチャンスを待っていれば、下落した時に国が比較的安定していそうな国債や株を購入しておいて、上昇してきた時にタイミングよく売るのが賢い運用法だと思っています。

よく同じ銘柄の商品を何年~何十年と所持している人もいるようですが、私的にはある程度利益が出たらすぐに売って、またそのお金を資金にして、現在の世界情勢を考慮しながら、新しく投資先を選択して投資してくのが賢い資産運用方法だと思います。

日本にしても、世界の数カ国もだんだん長期高齢化社会という今までとは違った社会形態に進行してきたいるので、外に働きに出るといった事以外でも、老人でも家に居ながらネットバンクを使いこなして、株や投資信託の売買などを上手に行う事ができる方が、世の中のお金も上手に回るし、老後の資産運用が出来ると思います。

私の今のところの夢はウォーレン・バフェットさんのような、大物投資家です。